肉割れしないダイエットとは?

肉割れしないダイエット 肉割れの基礎知識

肉割れしないダイエット肉割れを徹底的に知ることで予防・解消することを目的とした当サイト。

そんな当サイトには、連日、肉割れに悩まれるユーザーさんがこられますが、先日「肉割れしないダイエット」といった検索ワードを経由してこられた方がいたようです。

そこで肉割れしないダイエットについて書いて詳しく書いておきますね。

当サイトを訪れる検索ユーザーさんの中でも、けっこう多いのが「ダイエットしたら肉割れが」とか「肉割れしないダイエット方法」といったダイエットに関するお悩み。

せっかくのダイエットを頑張った結果、お腹まわりやお尻、太ももに肉割れができてしまっては台無しですからね。今回は肉割れしないダイエットについてご紹介しておきます。

Click→できてしまった肉割れを薄く目立たなく…新しい肉割れを予防するには?

 

肉割れケアを始めるならコチラから

そもそもダイエットで肉割れはできない

まず肉割れしないダイエットを考える前に「そもそもダイエットで肉割れはできない」という事実を知っておいた方が良いかもしれません。

ダイエット関係のテレビ番組や、雑誌のダイエット特集なんかで「激しいダイエットを行なった証…」といった肉割れの扱いを目にすることがります。

しかしですね。

あのような肉割れはダイエットによってできてしまったものではありません。すでに太っていた時期から存在していた肉割れなのですよ。太っていたので目立たなかっただけなのです。

それは肉割れ(皮膚線条・線状皮膚萎縮症)の仕組みを考えてみればハッキリします。

 

肉割れのできる仕組み

ウエストの肉割れこちらの記事肉割れを消したい!だったら肉割れの原因と対処法を知ることでも説明していますが、肉割れのできる仕組みは非常にシンプルです。

短期間に急激に体型が変化したり、皮下脂肪が増加することで、皮膚組織が耐え切れずに裂けてしまったものが肉割れとよばれるもの(※正式には医学的には線状皮膚萎縮症と呼びます)

 

そして、皮膚組織の状態を考えてみると、しっかりとタンパク質やビタミンを摂取している方、そして皮膚組織が保湿されて柔らかく伸びやすい方の方が肉割れしにくい…といわれています。

裏を返せば、皮膚組織が乾燥しがちな上に栄養不足な食生活の方で、短期間に急激に太ってしまった場合、非常に肉割れが起きやすいとも考えられますね。

つまり痩せた状態→太った状態の過程で起こるもので、太った状態→痩せた状態では理論上、肉割れは起こるということは考えられません。

つまり痩せたことで肉割れがより目立ってしまった…とか太っていた時期は皮膚組織が引っ張られていたために、肉割れに気がついていなかったけれども、痩せたタイミングで発覚した…ということかもしれません。

Click→肉割れの仕組みを知ったら今度はセルフケア!人気の肉割れ解消クリーム詳細

肉割れしないダイエットとは肉割れを目立たせないダイエット

つまりダイエットによって肉割れができてしまった…という方は間違いなくダイエット前(というか太ってしまったタイミングで)に肉割れができていたわけですね。

なので普通の方よりも、肉割れのできている部位には気を使ってダイエットしておいた方がいいかなぁと思います。

それとか、肉割れのできていない方よりも、多少はゆっくりと時間をかけて体重を落とした方が良いかとおもわれます。(その方が時間をかけて保湿や栄養を与えることができるので)

ということで、参考までに肉割れができている方、もしかしたら肉割れができているのでは?といった方がダイエットで気をつけておくべき事を説明しておきますね。

 

食事制限・断食系の過激なダイエットは肉割れを助長する

コラーゲンに必要な食材肉割れの可能性が考えられる方にとって、もっとも避けておきたいのが、この手の食事制限・断食系の過激なダイエット。

そもそも肉割れは、真皮層に網目状に広がるコラーゲン繊維やコイル状のエラスチン線維の結合力が不足していることも原因のひとつだといわれています。

コラーゲン繊維の結合力が強く、伸びやすい状態であれば、そう簡単に肉割れが起こらないともいわれています。

つまり、コラーゲン繊維を生成する線維芽細胞に十分な栄養素を与えることが大切なわけですね。

線維芽細胞がコラーゲン繊維を生成するには、良質なタンパク質やビタミンCが重要な役割を果たします。毎日のバランスのとれた食生活が非常に大切というわけですね。

なので食事制限によるダイエットの場合、とくに皮膚組織のターンオーバーと深く関わっているタンパク質やビタミンCが不足しないように注意しておきましょう。

Click→できてしまった肉割れに効果のある商品一覧

 

肉割れしやすい部位は十分に保湿しておく

乾燥した状態の真皮層や皮下組織というのは、保湿された柔らかい時に比べ、肉割れも起こりやすく表皮上からも、より目立ちやすい状態です。

残念ながらダイエット前にできてしまった肉割れの場合でも、今後に新たな肉割れを予防する意味でも、徹底的に保湿しておきたいところ。

また真皮層や皮下組織が乾燥している場合、当然ながら表皮も乾燥しているわけです。

湿疹や皮膚炎によって掻き崩してしまい、肉割れをより目立たせてしまう可能性もあるので、その面でも保湿が必要かと。

※こちらの保湿力の高い肉割れ専用商品を紹介しています→肉割れのクリームの実力をチェック!本当に効果はあるのか?

 

ハードな筋トレによるダイエットは新たな肉割れをつくることも

筋トレでの肉割れに注意基本的にダイエットによって肉割れが増えることは、上記の通り、ありません。

しかし筋トレを取り入れたダイエット(とくに男性の場合に多いようです)によって、必要以上に筋肥大を起こしてしまうと肉割れができる可能性もあるかもしれません。

筋肉によって周辺の皮膚組織が引っ張られたことで、新たな肉割れができる可能性も考えて、体型が変わるほどの筋トレは避けておきましょう。

そもそも筋肥大を起こすような太い筋肉(アウターマッスル)は、鍛えたところで糖質を燃焼させてエネルギーとします。

つまりダイエット目的であれば、体脂肪を燃焼させエネルギーを作るインナーマッスルを鍛える必要があります。

インナーマッスル(深層筋)はどんなに鍛えても、肉割れするような筋肥大はありませんから、肉割れしないダイエットという面でもインナーマッスルを鍛えることをお勧めします。(参照 女性でも筋トレで肉割れができる?インナーマッスルで肉割れ予防

コメント