肉割れを食事から予防・解消できるのか?

コラーゲンに必要な食材 肉割れの基礎知識

肉割れを防ぐ食生活あれだけ注意してたのに肉割れができてしまった…。

そんな場合、真っ先に思いつくのは肉割れ専用の保湿クリームを塗り込んでマッサージする肉割れケア、または本格的に解消したい方は美容整形外科やクリニックも検討しているかもしれません。

たしかに肉割れの原因は、体型の変化のスピードに皮膚の奥の真皮や皮下組織が追いつかずに伸縮の限界を超えて断裂してヒビ割れた状態。

多くの場合は真皮や皮下組織が乾燥しているケースがほとんどなので徹底的に保湿して新たな肉割れを増やさないためにも予防しておくことが大切です。

しかし一方で、保湿やマッサージといった直接的な肉割れケアだけでなく、食生活を見直すことで体内から肉割れが解消しやすい状態にもっていくことも同じように大切なことだといわれています。

Click→今日から始める肉割れのセルフケアにお勧めの商品をまとめて紹介♪

 

肉割れケアを始めるならコチラから

できてしまった肉割れが消えにくい理由

ウエストの肉割れまず肉割れ解消に効果のある食生活の前に、肉割れが薄く目立たなくなる仕組みを少しだけ簡単に説明しておきます。

肉割れとは急な体型の変化によって薄くて伸縮性の高い表皮のように伸びることができずに裂けて断裂したことが直接の原因です。そして何より問題なのが自然治癒力の低さなんです。

切り傷や擦り傷のような傷は、放置していても自然とキレイに治ります。これは当たり前に感じますが、実は表皮の自然治癒力が非常に高いためなんです。

一方、表皮の奥の真皮や皮下組織と呼ばれる部分は厚みもあって自然治癒力も低い部分です。つまり裂けたり断裂した場合、表皮のように勝手に治癒できないわけです。(参考ページ・・・肉割れは自然治癒で消えるのか?放置した肉割れは解消に時間がかかる

これが「肉割れは治らない」といわれる一番の理由です。

残念ながら今の医学でもこの肉割れ(正確には線状皮膚萎縮症、皮膚線条、ストレッチマークと呼ばれています)を根本的に治療できる方法は確率しておらず、完璧に消し去ることは難しいといわれています。

 

真皮のコラーゲンを意識した食生活で肉割れを薄く

保湿とマッサージそんなできてしまうと厄介な肉割れを解消するにはどんな方法が良いのでしょうか?

まずは真皮や皮下組織を保湿し、肌のターンオーバーを促進するためにも必要な栄養分を十分に与えること。そして皮膚に弾力性や伸縮性をもたせるためにも、肉割れのできた部位を中心に丁寧にマッサージすることが有効といわれています。

またそれと同時に食生活を見直して、肉割れ解消に効果のある食材を意識して摂取することも大切なことですね。そもそも皮膚の奥の肉割れが起こってしまった真皮や皮下組織は約70%がコラーゲンからできています。

ですので今ある肉割れを解消するにも、今後の肉割れを予防するにも、皮膚の真皮や皮下組織のコラーゲン繊維を強く裂けづらい状態に変える必要があります。

皮膚のコラーゲン生成に必要な食材を意識して摂取してあげると良いかもしれません。

 

コラーゲン生成に効果のある食材とは

肉割れの遺伝子まずは肉割れの起こっている真皮や皮下組織のコラーゲン繊維を修復し、断裂しづらいコラーゲンファイバーをつくることが肝心です。

また勘違いしている方もいるようですが、コラーゲンを摂取したからといって、そのまま体内のコラーゲン繊維になるわけではありません。一度アミノ酸へ分解されて体内に吸収されるので、残念ながらコラーゲン食材ばかりを摂取しても思うような効果は得られません。

もちろんバランスの良い食生活が肝心ですが、とくに肉割れ解消に効果のあるコラーゲン繊維の修復という面では、皮膚そのものをつくるタンパク質と体内でコラーゲン生成に欠かせないビタミンCが重要だといわれています。(参照 肉割れを消すにはビタミンCが最も効果がある

とはいえコラーゲンを多量に含んだ食材は効果が無いのか…といえばそんな事もありません。

コラーゲンは最終的に体内でコラーゲンを生成する時に必要な成分で構成されていますのでコラーゲン生成にはとても有効です。もし食生活で十分に摂りきれない場合は手軽なサプリメント等を活用してみるのも効果のある方法かもしれません。

 

コラーゲン生成に効果の高い栄養成分

肉割れ解消にはビタミンC参考までに肉割れができてしまった方が食生活で意識して摂るべき栄養素をまとめておきます。

毎日の食生活で意識して摂ることで中から肉割れのできにくい肌質に変えていきましょう!※どれも大切な栄養素ですが摂り過ぎると逆効果ですので注意してください。

タンパク質

お肌の状態をもっとも大きく左右するのがタンパク質。

タンパク質は皮膚だけじゃなくツメや髪といった多くの部分の状態に関係しています。女性では1日に40gが必要といわれていて、タンパク質が不足すれば真皮や皮下組織のコラーゲンが不足しコラーゲン繊維の結合も弱く断裂しやすい状態に。

大豆や乳製品はもちろん肉類、魚類、卵などの動物性と植物性をバランス良く取り入れましょう。

 

ビタミンC

人間が体内でコラーゲンを合成するのに必要不可欠なのがビタミンC。

というのもビタミンCは真皮の線維芽細胞を活発化させコラーゲンの生成を促進させる働きがあるためです。また、皮膚に含まれるビタミンCが減ることで傷の治癒が遅くなるともいわれていますから、肉割れケアには大切な栄養素なのは言うまでもありません。(参照 肉割れに効果のあるビタミンCとビタミンC誘導体

主に赤ピーマン、黄ピーマン、アセロラ、柑橘類、イチゴ等に多く含まれています。

成人で1日100mg程度は摂取しておきたいビタミンCですが、壊れやすく代謝されやすい性質のため、その2~3倍程度摂取するべきかもしれません。

 

コラーゲン

そもそもコラーゲン自体は正確にはタンパク質の一種ですが、体内でコラーゲンを生成するために必要な成分が凝縮されていますから積極的に摂取しておきましょう。1日に約1,000mg~5,000mg程度が適当ともいわれています。

主にゼリー、豚肉、手羽、うなぎといった食材に多く含まれていますが、過剰に摂取しては逆効果ですので注意しておきましょう。

食生活を見直しつつ、保湿クリームでマッサージをすることも心がけるといいですね!

Click→1日も早い肉割れケアが大切!人気の肉割れ専用クリームとは?

 

コメント