CとビタミンC誘導体

ビタミンCたっぷりの赤ピーマン 肉割れの基礎知識

ビタミンCたっぷりの赤ピーマン肉割れを解消するには肉割れの患部を徹底的に保湿し栄養を与え、今後の肉割れを予防しつつコラーゲン生成を促進すること。

そして断裂や亀裂の傷痕を、ターンオーバーを繰り返すことよって薄く目立たなくする方法が一般的といわれています。

その一方で食生活を見直し、肉割れのできたコラーゲン繊維や線維芽細胞の修復を促進するために役立つ栄養成分を意識して摂取することも大切だといわれています。

その時に最も効果のある成分のひとつがビタミンCといわれています。また肉割れ専用クリームやオイルにもビタミンCを連想させるビタミンC誘導体といった成分が含まれているケースも多いようです。

ここでは肉割れとビタミンCの関係、そしてビタミンCとビタミンC誘導体の間柄を説明しています。

Click→話題のビタミンC誘導体も配合!できてしまった肉割れに効果のある商品一覧

 

肉割れケアを始めるならコチラから

コラーゲン生成に必要不可欠なビタミンC

お腹まわりの肉割れ肉割れは簡単にいえば、体型の変化によって皮膚の奥の真皮層が必要以上に引っ張られて断裂し亀裂が生じた状態です。

つまり解消するには真皮のコラーゲン繊維や線維芽細胞を再生してあげる必要があります。

その場合、コラーゲン生成を促進することがポイントなのですが、体内でコラーゲンを生成する時にもっとも必要不可欠なのがビタミンCといわれています。

ビタミンCがコラーゲンの直接的な原料というわけではありませんが、アミノ酸をコラーゲンに合成する役割を果たすのがビタミンCで、つまりどんなにコラーゲンの原料が足りていてもビタミンCが不足していればコラーゲンは生成されません。

言いかえればビタミンCが不足した状態ではコラーゲン繊維が代謝されずに、いつまでも古く弾力や柔軟性の低いコラーゲン繊維のままという状態が続いてしまうわけですね。

 

コラーゲン食材はあまり意味がない!?

そこで、素人考えではコラーゲン食材を多く摂ればコラーゲン生成に効果があるのでは?と思いがちですが、残念ながらそんな簡単な話ではありません。

コラーゲンは一種のタンパク質、つまり吸収するには大き過ぎる分子のためにアミノ酸といった小さな状態まで分解されてしまいます。

つまりコラーゲン食材やコラーゲンサプリメントを口から摂取したとことろで、体内で分解されて結局はアミノ酸として吸収されてしまうわけです。そのままコラーゲンとして利用されることは無いのですね。

むしろ体内でコラーゲン生成の大きな役割をもっているのがビタミンCです。

 

線維芽細胞(フィブロブラスト)の代謝を上げるにはビタミンC

肉割れ解消にはビタミンCビタミンCは主に皮膚や軟骨、腱に必要なコラーゲンというタンパク質を生成し傷を治す役目を担ってます。、赤ピーマンや柑橘類、イチゴ等に多く含まれている成分として肉割れ解消においてもっとも摂るべき成分なのです。

通常では成人であれば1日100mgのビタミンCは必要摂取量だといわれていますが、実際にはビタミンCは非常に壊れやすい性質なこと、体内でコラーゲン生成以外にも脳や各臓器でも必要な成分ということを考えると、実際には1,000~2,000mg程度は摂取しても構わないといわれています。(とくに多すぎて問題は無いということ)

野菜やフルーツでは摂りきれないかもしれません。そういった場合はサプリメントやドリンク剤によって補給することも効果的です。

 

ビタミンCは皮膚バリアを突破できない

肉割れ解消に効果のある真皮のコラーゲン産生に必要不可欠なビタミンC。

できれば経口摂取だけでなくクリームやオイルといった方法で患部に直接塗布して浸透させれば効果が高いのでは?・・とそう思いますよね。そこで研究を重ねて出来上がったものがビタミンC誘導体と呼ばれています。

本来はビタミンCをそのまま真皮に浸透させればより効果が高いのですが、残念ながらビタミンCは皮膚バリアを突破できない成分といわれています。

また保湿剤のクリームやオイルといった製品に含ませると酸化してしまうほど壊れやすくモロイ成分なのです。

 

ビタミンCを研究して作られたビタミンC誘導体

成分内容そこでビタミンCの内容をそのままで安定して保存できる形態としてビタミンC誘導体が生まれたわけです。

ビタミンC誘導体は浸透性が高いため、保湿成分とともに表皮の奥の真皮や皮下組織まで到達し、体内でビタミンCに変化します。

もちろん生のビタミンCよりは効果は落ちますが皮膚から吸収できるため非常に効果が大きいと注目されています。

今では多くのスキンケア商品や肉割れ専用商品でもみかけるようになったビタミンC誘導体という成分。

実は取り扱いが難しく、これまで皮膚に直接利用できないと考えられていたビタミンCを効率よく皮膚に利用できるように加工した成分として、肉割れを始めコラーゲン産生を必要とするシチュエーションではもっとも効果のある成分として注目されています。

Click→管理人が実際に試した肉割れ・妊娠線解消クリーム詳細

 

コメント