痒みは肉割れの予兆や前兆!お腹やお尻が痒い時は肉割れの前ぶれ?

肉割れが痒い 肉割れを予防する

肉割れが痒いなんだか体重が増えたと思っていたら、気がいついた時にはバッチリ肉割れができていた…といったパターンも少くありません。

しっかりと予防していてもできてしまう時は残念ながらできてしまうものです。

しかし肉割れができる前に、危険なサインを知ることができたら、肉割れを未然に防げるとは思いませんか?

…実は肉割れには独特な前兆、前ぶれがあるといわれています。もしかしたら、すでに前兆が現れているかもしれません!

そこで今回は肉割れの前兆、予兆について詳しく説明しておきます。

Click→できてしまった肉割れを薄く目立たなく…新しい肉割れを予防するには?

 

肉割れケアを始めるならコチラから

気づかずにポリポリ掻いていたら要注意!肉割れ予備軍かも?

短期間での急激な体型の変化で皮膚が引っ張られることで起こる肉割れ、できてしまうと治すのが大変ですから、できれば未然に防いでおきたいものですね。

そのためには肉割れができないように体重や体型をコントロールすること、そして肉割れが起こる部分、真皮の線維芽細胞やコラーゲンを保湿して弾力性や柔軟性をキープすることが肝心です。

とはいえそれでも肉割れができちゃうケースもあるかもしれません。そんな場合、肉割れの前兆や予兆を知っておけば、事前に肉割れを察知して対処できるはずです。

そんな肉割れの前兆や予兆でもっとも多い意見が「痒み」といわれています。

 

真皮の断裂という痛みが痒みと感じられる

ヒップの肉割れ肉割れ経験者の多くが肉割れのできる少し前に感じた予兆というのが「痒み」「チリチリとした痛み」といった皮膚の違和感だといわれています。

そもそも肉割れとは表皮の内側でおこった真皮の層の断裂や亀裂です。当然ながら表皮ではないので出血は伴いませんが、内部では普通に複数の傷が同時に発生しているわけです。

そういった傷の弱い痛みがなんらかの原因で「痒み」や「チリチリとした痛み」になって感じているわけです。痒みと痛みとはとても近い感覚のため、真皮や皮下組織ということもあり人間では判別できないのかもしれません。

ですので表皮が湿疹やかぶれも無く、なんとなく内部がむず痒い…と感じた場合、かなりの確率で肉割れが進行していると思ってもよいかもしれません。(参考ページ・・・妊娠中にお尻が痒いなら肉割れのうたがいも

とくに体重が増えたばかりの方でお腹まわりやお尻、太ももやふくらはぎ、おっぱい、二の腕といった部分が、なんだかむず痒い時は念のため肉割れケアを始めておくべきでしょう。

 

肉割れの予兆や前ぶれでなくても保湿はしておく

お腹まわりを保湿これだけ肉割れの予兆や前兆を疑っておきながら、もしかしたら肉割れの予兆や前兆でなく単なる表皮の乾燥や肌荒れの場合もあるかもしれません。

だとしてもお肌に水分が不足しているのは間違いありません。

まずは肉割れ予防もかねた保湿やマッサージを始めておいてもよいでしょう。またしばらく保湿して乾燥が収まったのに、まだ痒みがとまらない場合はゆっくりと内部で肉割れが進んでいる事を疑ってみましょう。

その場合注意しておきたいのは、できるだけ浸透力の高い保湿クリームを使用して入浴後の皮膚が保湿されたタイミングでしっかりと保湿し、水分の蒸発を防いであげることです。

そういった面ではオイルタイプよりもクリームタイプの保湿剤がよいかもしれません。(参考ページ・・・肉割れのクリームの実力をチェック!本当に効果はあるのか?

また皮膚の状態を柔らかく裂けづらい状態に戻してあげることも肝心です。クリームやオイルで滑りの良い状態を利用して、優しく手のひらを使ってマッサージしてあげましょう。

また本当に肉割れの前兆の痒みであれば、表皮の上から確認できなくともすでに現在進行形で亀裂が生じているということです。少しでも食い止めるためにコラーゲンファイバーを強くするために効果のあるビタミンCや良質なタンパク質を意識的に摂取するといった対策もおすすめです。(参考ページ・・・肉割れを消すにはビタミンCが最も効果がある

できてしまうと治すのが大変な肉割れだけに、予兆や前ぶれを感じた時点で未然に防ぐ。最悪できてしまた場合も肉割れを最低限に抑えるといった努力はやっておいたほうが後悔しませんよ。

 

できた場合は早期の保湿ケア、レーザー治療も検討する

レーザー治療しかし多くの人は肉割れの予兆や前ぶれを感じるようですが、個人差はあります。中には全く予兆を感じずに肉割れができてしまう人も少くないようです。

そんな予兆も無く肉割れができてしまった場合、初期の赤みのある肉割れ線の間に適切な対処ができるかどうかが、最終的にどこまで綺麗に解消できるかを左右します。発見したら1日も早く肉割れケアを始めておきましょう。

自宅でも肉割れ専用のクリームやオイルによる保湿ケアとマッサージでも十分に効果がでるはずですが、毎日継続して塗り込む意志、根気の無い方は高額な費用となりますが、一度美容整形外科やクリニックでのフラクセルレーザーやクールタッチレーザー、といったレーザー治療も検討してみる価値はあるかもしれません。(参考ページ・・・肉割れを消すレーザー治療の費用や予算、効果や評判は?

肉割れの状態、自分の肌質とレーザー機器の相性が合えば予想以上に効果がでてくるはずです。

Click→肉割れの仕組みを知ったら今度はセルフケア!人気の肉割れ解消クリーム詳細

 

コメント