肉割れを消すにはビタミンCが最も効果がある

肉割れ解消にはビタミンC できた肉割れを消す

肉割れ解消にはビタミンC肉割れができてしまった…!!

そんな時、多くの人は肉割れを解消するクリームやオイルを探す方、中には皮膚科や美容整形外科で受診した方がいいのでは?という方もいるかもしれません。

確かに肉割れができてしまった原因は皮膚(真皮や皮下組織)の問題です。当然ながら肉割れができてしまった部分をケアすることは大事なことです。

しかし肉割れケアには外部から行う方法とカラダの中から行う方法があり、同時に行うことでより効果を発揮するともいわれています。そこでカラダの中から行う肉割れケアについて少し説明しておきます。

Click→某大手口コミサイトで高評価の肉割れ解消グッズとは?

 

肉割れケアを始めるならコチラから

肉割れを消すための方法と現状

肉割れにはビタミンCがとっても効果的なんですが、その理由の前に肉割れができる仕組みや原因について少し考えてみましょう。

そもそも肉割れとは正式には線状皮膚萎縮症とか皮膚線条と呼ばれる皮膚の症状で、残念ながら現在のところ医学的にも根本的に完治させる方法は見つかっていないのが現状です。

しかし一方で、できてから間もない初期の肉割れの場合、早期に適切な処置を行うことでかなり目立たないところまでは解消できると考えられています。

 

肉割れは放置しても消えない

肉割れの遺伝子主な原因は短期間に太ったり痩せたりと体型が変化することに加え、薄い表皮の奥にある真皮や皮下組織という厚く伸びにくいコラーゲン繊維が乾燥して柔軟性が不足していることも関係しています。

簡単にいってしまうと肉割れとは、その真皮層で網目状にひろがるコラーゲン繊維や皮膚の弾力を維持するためのエラスチン線維が皮膚の拡張に追いつかずに断裂や亀裂を生じてしまった状態です。

表皮ではありませんが一種の裂けて破れた傷、つまり裂傷といってもよいかもしれません。

擦り傷や切り傷とちがい皮膚のダメージが大きい裂傷ということ、さらに表皮とちがい自然治癒力の低い真皮や皮下組織で起こった傷ということで非常に厄介なものといえます。

ケアするには医療機関でレーザー照射等を利用するか、浸透性の高い保湿クリームやオイルで保湿成分や栄養成分を届けて、裂けたコラーゲン繊維を修復するより方法が無いといわれています。

 

肉割れ治療でより早く結果をだすために

そこで効率よく肉割れケアを進めるために大切なことが、真皮や皮下組織のコラーゲン産生に効果の高い成分を意識して摂取する方法です。

いくら外部から肉割れケアを続けても、体内にコラーゲンを生成するための栄養成分が不足していれば、肉割れが解消されるどころか悪化し、新たな肉割れが増えてしまう可能性も考えられます。

つまり肉割れケアがスムーズに、そしてより効果的に進むようにコラーゲンの産生されやすい状態に整えてあげることが最終的な肉割れケアの仕上がりを左右するということ。

そのためには栄養バランスの良い食生活や基礎代謝アップにより新陳代謝を上げることも大事ですが、中でもビタミンCを意識して多めに摂取することがポイントといわれています。(参考ページ・・・肉割れを食事から予防・解消できるのか?

 

コラーゲンはアミノ酸に分解されてしまう

成分内容体内のコラーゲン不足を解消する!そんな時多くの人は「コラーゲン」を多量に摂取すれば良いのでは?と勘違いされている方も多いようですが、残念ながらコラーゲンだけでは体内のコラーゲンは生成されません。

そもそもコラーゲンはタンパク質の一種で、確かに体内で必要な成分は多量に含んでいますが、残念ながらコラーゲンのまま吸収されるわけではありません。摂取したコラーゲンは体内でアミノ酸に分解されて吸収されます。

もちろんタンパク質という点ではコラーゲン生成に必要な成分ですが、考えようによっては他のタンパク質と違いはありません。確かにコラーゲンに必要な成分が凝縮されているという面ではおすすめですが、過剰に摂取することはおすすめしません。

 

肉割れを薄くするにはビタミンCをたっぷりと

そこで肉割れ解消にコラーゲンよりも大切な成分が「ビタミンC」といわれています。

赤ピーマンや多くの柑橘類、アセロラ、イチゴなどに含まれていることは有名なビタミンC(アスコルビン酸)は、人間の皮膚・軟骨・腱といったコラーゲン繊維を合成するのに必要不可欠な成分で、残念ながら人間は体内で生成することができません。つまり毎日の食生活から摂取するしかないわけです。

また非常に壊れやすく代謝されやすい性質から、普通の量を摂取していただけでは全く不足しているケースも多い栄養成分ともいわれています。

またビタミンCは体内において脳や各器官でも多量に消費されてしまう成分です、そのため皮膚のコラーゲン繊維の生成を十分に行うためには通常の3倍程度は摂取しておく必要があるようです。

しかし真皮や皮下組織のコラーゲンを補う他にもメラニン色素の合成をおさえる効果もあるビタミンCは傷跡を目立たなくさせるはたらきもあり、血行促進効果によって肌のターンオーバーも整えてくれます。

つまり肉割れケアにももっとも必要な栄養成分といってもよいかもしれません。

 

ビタミンCを食生活で摂取しきれない場合

肉割れクリームとはいえ、非常に壊れやすく代謝されやすいビタミンCを毎日の食事だけ十分に摂取するのは大変なことかもしれません。

そんな場合はサプリメントやビタミンC系の飲み物で補給しても十分に効果があります。ビタミンCのサプリメントはコンビニでもドラッグストアでも今では手軽に購入できます。バッグにひとつ入れておいてもよいかもしれません。

また最近の肉割れケア専用クリームやオイルの中には、本来、皮膚を通して浸透させることができなかったビタミンCをビタミンC誘導体という状態に変えて配合している商品もあるようです。(参考ページ・・・肉割れに効果のあるビタミンCとビタミンC誘導体

酸化しやすく安定性の悪いビタミンCを肌から摂取するために考えられた効率よくビタミンCを摂る方法です。

ビタミンC誘導体は体内で徐々にビタミンCに変わりますので、普通の保湿クリームに比べ真皮や皮下組織に直接ビタミンCを届けるといった面では非常に効果があるといえます。

Click→管理人が実際に試したビタミンC誘導体たっぷりの肉割れ・妊娠線解消クリーム詳細

 

コメント