肉割れのできやすい体質とできにくい体質

肉割れができやすい? 肉割れの基礎知識

肉割れができやすい?不思議なもので同じように体型が変化しても、予防していたにもかかわらず肉割れができてしまう人もいれば、何のケアもしていないのに一切肉割れができない人もいます。

調べてみると、残念ながら肉割れにはできやすい人とできにくい人がいるのは事実。

言いかえれば肉割れのできやすい人は肉割れができてしまう条件を幾つも備えてしまっているわけです。

しかしそれほど悲観的に考える必要はありません。

ポジティブに考えれば、そういった肉割れのできてしまう条件を知り、解消しておけばそれだけ肉割れのできにくい体質に変えることができるとうことです。

Click→できてしまった肉割れを薄く目立たなく…新しい肉割れを予防するには?

 

肉割れケアを始めるならコチラから

肉割れのできやすい人の条件

肉割れのできにくい体質に変えるには、まずは肉割れのできる条件を知って改善できる部分はすぐに改善することです。

そこで以下に肉割れのできやすい人の条件をまとめてみました。

こういった人がなぜ肉割れができてしまうのかを知ることで、自分の肉割れも未然に防ぐことができるかもしれません。

また、自分に当てはまる部分があれば既に肉割れができやすい状態ですから普通の人より注意が必要ということ。

早急に肌質を変えて肉割れのできにくい体質を手にい入れましょう!

 

1.季節によって体重の変化が激しい

肉割れしないダイエットまず肉割れができてしまう決定的な原因がこちらです。

春夏は代謝が上がり、理想的な体重を維持できたのに、秋冬の代謝が落ちる時期になると急激に体重が増加してしまうタイプ。また稀に反対に春夏に太る方もいます。

そういった季節や時期によって体重や体型が変わりやすい人は普通の人よりも何倍も肉割れができやすいものです。

そもそも肉割れには肌質や遺伝的な要素など原因はいろいろありますが、体型や体重が変わらなければ起こりません。

もし肉割れができそうで不安…、家族で肉割れができた人がいる、そんな時は体重や体型をしっかりコントロールすることが肝心。

もちろん急激に変化することがいけないので、徐々に変化すれば問題はありません。つまり過激なダイエットも十分に肉割れの可能性があるということ。

 

2.乾燥肌・スキンケアを怠りがち

市販の保湿クリーム肉割れができるかどうかに大きく関係しているのが、皮膚の乾燥状態ですね。

実際の所、肉割れが起こるのは表皮の奥の真皮や皮下組織といったコラーゲン繊維の部分です。残念ながら見えない部分ですので確認ができません。

ただ表皮が乾燥しがちな方、普段からスキンケアを怠りがちな方は、往々にして真皮や皮下組織も乾燥しがちだといわれています。表皮は非常に薄い部分です、つまりすぐ内側も同じく乾燥している確率が高いのでしょう。

ですのでしっとり肌よりも乾燥しがちなタイプはとくに肉割れができやすいタイプといってよいかもしれません。

ちなみに肉割れができてしまった場合も、乾燥した表皮の方はヒビ割れが酷く現れやすいので注意。とにかく肉割れと乾燥肌の相性はとっても悪いということです。

 

3.家族に肉割れができている人がいる

ここ数年の研究によって肉割れができやすいという遺伝子マーカーが特定されてきました。つまり遺伝的に肉割れができやすい人とそうでない人がいるのがハッキリしてきたのです。

とくにお母様の体に肉割れ、または出産時の妊娠線が残っている場合は自分にも肉割れができる可能性が高いといえます。まだできていない方でもしっかりと予防しておいた方がよいかもしれません。(参照 肉割れは遺伝する!家族に肉割れの方がいる場合は予防しておく

 

4.皮下脂肪が多い

肉割れは男性よりも圧倒的に女性に多い症状です。それは皮下脂肪の量も大きく関係しています。

皮下脂肪も真皮や皮下組織のように、表皮に比べずっと厚みがあって柔軟性や弾力性の乏しい部分、そして伸びづらく簡単に断裂して亀裂が入りやすいんですね。つまり皮下脂肪が厚い方(ぽっちゃり体型)の方は肉割れのリスクがとても高いわけです。

もちろん必要以上の皮下脂肪は肉割れ以外にも良くありませんし、見た目も嫌なものです。これを機に運動や食生活の見直しで皮下脂肪を減らしてみるのがよいかもしれません。

皮下脂肪を減らすために適度な運動を行うことで基礎代謝がアップし新陳代謝が上がれば血行も促進され真皮や皮下組織のコラーゲンファイバーも強く断裂しづらくなるはずです。

また食生活を見直してタンパク質やビタミンCなどコラーゲンファイバーを生成するために必要な栄養成分を摂取できれば、さらに肉割れが起こりにくい肌質になりますよ。(参考ページ・・・肉割れを食事から予防.・解消できるのか?)

 

5.皮膚が薄く硬い・筋肉質

女性の肉割れ皮下脂肪が多いぽっちゃり体型の方は肉割れに注意しなければなりません。しかしその一方で痩せ型、筋肉質もタイプも意外と簡単に肉割れができるといわれています。(参考ページ・・・細いのに肉割れが!痩せていても肉割れのできやすい人とは?

まず痩せ型で筋肉質の方は、ぽっちゃり体型の方にくらべ皮膚が薄く硬いケースが多く、伸縮性や弾力性が不足している可能性が高いことです。

常に体型をキープされている方は伸びるシチュエーションが少ないでしょうから、さらに伸びづらい状態かもしれません。

また、筋肉質の方は簡単な運動でもすぐに筋肉ができてしまうことも原因のひとつです。フィットネスジムやなんらかのスポーツで鍛えている人はトレーニング方法の偏りによって一部分だけ太く大きな筋肉がつく恐れもあります。

この場合、男性に多くみられる「筋トレが原因の肉割れ」というパターンも十分にありえるかもしれません。

ということで筋肉質で痩せ型の女性の場合、細くしなやかな筋肉を時間をかけてつくることを意識してトレーニングを続けて下さい。

乾燥しないようにクリームでマッサージすることもお忘れなく!

Click→肉割れの仕組みを知ったら今度はセルフケア!人気の肉割れ解消クリーム詳細

 

コメント